←前へ   トップへ   次へ→
                       
                       
     4. Sevitabbāsevitabbasuttaṃ  
      語根 品詞 語基 意味  
      Sevitabba  sev 未分 a 親近すべき、従うべき  
      asevitabba  a-sev 未分 a 依(属) 親近すべきでない  
      suttaṃ  sīv a 経、糸  
    訳文  
     「親不親経」(『中部』114  
                       
                       
                       
    109-1.                
     109. Evaṃ me sutaṃ –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Evaṃ   不変 このように  
      me   代的  
      sutaṃ –  śru 名過分 a 聞かれた、所聞  
    訳文                
     このように私は聞いた。  
                       
                       
                       
    109-2.                
     ekaṃ samayaṃ bhagavā sāvatthiyaṃ viharati jetavane anāthapiṇḍikassa ārāme.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ekaṃ    代的 一、とある  
      samayaṃ    a 副対  
      bhagavā    ant 世尊  
      sāvatthiyaṃ    ī 地名、サーヴァッティー、舎衛城  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      jetavane    a 地名、ジェータ林、祇樹、祇園  
      anāthapiṇḍikassa    a 人名、アナータピンディカ、給孤独  
      ārāme.    a  
    訳文                
     あるとき世尊は、サーヴァッティーの、ジェータ林はアナータピンディカ園に住しておられた。  
                       
                       
                       
    109-3.                
     Tatra kho bhagavā bhikkhū āmantesi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tatra    不変 そこで、そこに、そのとき、そのなかで  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      bhagavā    ant 世尊  
      bhikkhū  bhikṣ u 比丘  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      āmantesi –    呼びかける、話す、相談する  
    訳文                
     ときに世尊は比丘たちへ呼びかけられた。  
                       
                       
                       
    109-4.                
     ‘‘bhikkhavo’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘bhikkhavo’’  bhikṣ u 比丘  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     「比丘たちよ」と。  
                       
                       
                       
    109-5.                
     ‘‘Bhadante’’ti te bhikkhū bhagavato paccassosuṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Bhadante’’    大徳、尊師  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      te    代的 それら、彼ら  
      bhikkhū  bhikṣ u 比丘  
      bhagavato    ant 世尊  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paccassosuṃ.  prati-śru 応諾する、同意する、応える  
    訳文                
     「尊者よ」と彼ら比丘たちは世尊へ応えた。  
                       
                       
                       
    109-6.                
     Bhagavā etadavoca –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Bhagavā    ant 世尊  
      etad    代的 これ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      avoca –  vac いう  
    訳文                
     世尊はこう仰った。  
                       
                       
                       
    109-7.                
     ‘‘sevitabbāsevitabbaṃ vo, bhikkhave, dhammapariyāyaṃ desessāmi.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘sevitabba  sev 未分 a 親近すべき、従うべき  
      asevitabbaṃ  a-sev 未分 a 親近すべきでない  
      vo,    代的 あなたたち  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(属)  
      pariyāyaṃ  pari-i a 法門、理趣  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      desessāmi.  diś 使 示す  
    訳文                
     「比丘たちよ、私はあなたがたに親不親の法門を教示しようと思います。  
                       
                       
                       
    109-8.                
     Taṃ suṇātha, sādhukaṃ manasi karotha;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Taṃ    代的 それ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      suṇātha,  śru 聞く  
      語根 品詞 語基 意味  
      sādhukaṃ  sādh a 副対 よい、十分に  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      manasi karotha;  manasi-kṛ 作意する  
    訳文                
     それを聞き、よく作意して下さい。  
                       
                       
                       
    109-9.                
     bhāsissāmī’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      bhāsissāmī’’  bhāṣ 語る  
      語根 品詞 語基 意味  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     私は語ることにしましょう」と。  
                       
                       
                       
    109-10.                
     ‘‘Evaṃ, bhante’’ti kho te bhikkhū bhagavato paccassosuṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Evaṃ,    不変 このように、かくの如き  
      bhante’’  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      te    代的 それら、彼ら  
      bhikkhū  bhikṣ u 比丘  
      bhagavato    ant 世尊  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paccassosuṃ.  prati-śru 応諾する、同意する、応える  
    訳文                
     「尊者よ、そのように」と、比丘たちは世尊へ応えた。  
                       
                       
                       
    109-11.                
     Bhagavā etadavoca –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Bhagavā etadavoca – (109-6.)  
    訳文                
     世尊はこう仰った。  
                       
                       
                       
    109-12.                
     ‘‘Kāyasamācāraṃpāhaṃ [pahaṃ (sabbattha)], bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Kāya   a 依(属) 身体、集まり  
      samācāraṃ  saṃ-ā-car a 正行、儀法  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      ahaṃ,    代的  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      duvidhena    a 二種  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      vadāmi –  vad 言う  
    訳文                
     「比丘たちよ、私は身の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-13.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbam  sev 未分 a 親近すべき、従うべき  
      pi,    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      asevitabbam  a-sev 未分 a 親近すべきでない  
      pi;    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-14.                
     tañca aññamaññaṃ kāyasamācāraṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañ    代的 それ  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      aññamaññaṃ    代的 他と他、相互、展転  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      samācāraṃ.  saṃ-ā-car a 正行、儀法  
    訳文                
     その相互の身の行為を。  
                       
                       
                       
    109-15.                
     Vacīsamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Vacī  vac as 依(属) 語、言、口  
      samācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-12.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は語の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-16.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-17.                
     tañca aññamaññaṃ vacīsamācāraṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ vacīsamācāraṃ. (109-14.)  
      vacī  vac as 依(属) 語、言、口  
    訳文                
     その相互の語の行為を。  
                       
                       
                       
    109-18.                
     Manosamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Mano  man as 依(属)  
      samācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-12.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は意の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-19.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-20.                
     tañca aññamaññaṃ manosamācāraṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ manosamācāraṃ. (109-14.)  
      mano  man as 依(属)  
    訳文                
     その相互の意の行為を。  
                       
                       
                       
    109-21.                
     Cittuppādaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Citta  cit a 依(属)  
      uppādaṃ,  ud-pad a 生起  
      pāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-12.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は心の生起を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-22.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-23.                
     tañca aññamaññaṃ cittuppādaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ (109-14.)  
      citta  cit a 依(属)  
      uppādaṃ.  ud-pad a 生起  
    訳文                
     その相互の心の生起を。  
                       
                       
                       
    109-24.                
     Saññāpaṭilābhaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Saññā  saṃ-jñā ā 依(属) 想、想念、概念、表象  
      paṭilābhaṃ  prati-labh a 獲得、得達  
      pāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-12.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は想の獲得を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-25.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-26.                
     tañca aññamaññaṃ saññāpaṭilābhaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ (109-14.)  
      saññā  saṃ-jñā ā 依(属) 想、想念、概念、表象  
      paṭilābhaṃ.  prati-labh a 獲得、得達  
    訳文                
     その相互の想の獲得を。  
                       
                       
                       
    109-27.                
     Diṭṭhipaṭilābhaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Diṭṭhi  dṛś i 依(属) 見、見解  
      paṭilābhaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-24.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は見の獲得を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-28.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-29.                
     tañca aññamaññaṃ diṭṭhipaṭilābhaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ diṭṭhipaṭilābhaṃ. (109-26.)  
      diṭṭhi  dṛś i 依(属) 見、見解  
    訳文                
     その相互の見の獲得を。  
                       
                       
                       
    109-30.                
     Attabhāvapaṭilābhaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Atta    an 依(属) 自己、我  
      bhāva  bhū a 依(属) 本性、状態 →自体  
      paṭilābhaṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-24.)  
    訳文                
     比丘たちよ、私は自体の獲得を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    109-31.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    109-32.                
     tañca aññamaññaṃ attabhāvapaṭilābha’’nti.  
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ attabhāvapaṭilābha’’n (109-26.)  
      atta    an 依(属) 自己、我  
      bhāva  bhū a 依(属) 本性、状態 →自体  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     その相互の自体の獲得を」と。  
                       
                       
                       
    109-33.                
     Evaṃ vutte āyasmā sāriputto bhagavantaṃ etadavoca –   
      語根 品詞 語基 意味  
      Evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      vutte  vac 受 過分 a いわれた  
      āyasmā    ant 尊者、具寿  
      sāriputto    a 人名、サーリプッタ  
      bhagavantaṃ    ant 世尊  
      etad    代的 これ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      avoca –  vac いう  
    訳文                
     そのように言われて、尊者サーリプッタは世尊へこう言った。  
                       
                       
                       
    109-34.                
     ‘‘imassa kho ahaṃ, bhante, bhagavatā saṃkhittena bhāsitassa, vitthārena atthaṃ avibhattassa, evaṃ vitthārena atthaṃ ājānāmi.  
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘imassa    代的 これ  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      ahaṃ,    代的  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      bhagavatā    ant 世尊  
      saṃkhittena  saṃ-kṣip a 副具 要略すれば、簡潔には  
      bhāsitassa,  bhāṣ 名過分 a 語った、所説  
      vitthārena  vi-stṛ 使 a 副具 広説すれば、詳細には  
      atthaṃ    a 男中 義、意味  
      avibhattassa,  a-vi-bhaj 過分 a 分別・解説されない  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      vitthārena  vi-stṛ 使 a 副具 広説すれば、詳細には  
      atthaṃ    a 男中 義、意味  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      ājānāmi.  ā-jñā よく知る、了知する  
    訳文                
     「尊者よ、私は、この世尊によって簡略に説かれ、詳細には分別されなかったことの意味を、このような詳細な意味として了知しています。  
    メモ                
     ・「帝釈天問経」【〔六〕根の防護】にパラレル。  
                       
                       
                       
    110-1.                
     110. ‘‘‘Kāyasamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Kāyasamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-12.)  
    訳文                
     『比丘たちよ、私は身の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    110-2.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    110-3.                
     tañca aññamaññaṃ kāyasamācāra’nti –   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ kāyasamācāra’n (109-14.)  
      ti –    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     その相互の身の行為を』と、  
                       
                       
                       
    110-4.                
     iti kho panetaṃ vuttaṃ bhagavatā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      pana    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      etaṃ    代的 これ  
      vuttaṃ  vac 過分 a 言われた  
      bhagavatā.    ant 世尊  
    訳文                
     かく、このことが世尊によって言われましたが、  
                       
                       
                       
    110-5.                
     Kiñcetaṃ paṭicca vuttaṃ?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Kiñ    代的 何、なぜ、いかに  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      etaṃ    代的 これ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paṭicca  prati-i 縁りて、〜のために  
      語根 品詞 語基 意味  
      vuttaṃ?  vac 過分 a 言われた  
    訳文                
     ではこのことによって何が言われたのでしょうか。  
                       
                       
                       
    110-6.                
     Yathārūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti, evarūpo kāyasamācāro na sevitabbo;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yathārūpaṃ,    a そのような(関係代名詞的)  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      samācāraṃ  saṃ-ā-car a 正行、儀法  
      sevato  sev 現分 ant 親近する、従う  
      akusalā    a 不善の  
      dhammā  dhṛ a 男中  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      abhivaḍḍhanti,  abhi-vṛdh 増大する、育成する  
      語根 品詞 語基 意味  
      kusalā    a 善なる、善巧の  
      dhammā  dhṛ a 男中  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      parihāyanti,  pari-hā 衰退する、衰亡する  
      語根 品詞 語基 意味  
      evarūpo    a そのような  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      samācāro  saṃ-ā-car a 正行、儀法  
      na    不変 ない  
      sevitabbo;  sev 未分 a 親近すべき、従うべき  
    訳文                
     尊者よ、およそそのような身の行為に親近する者に不善の法が増大し、善なる法が衰退するのであれば、そのような身の行為は親近されるべきではありません。  
                       
                       
                       
    110-7.                
     yathārūpañca kho, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti, evarūpo kāyasamācāro sevitabbo.  
      語根 品詞 語基 意味  
      yathārūpañca kho, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti, evarūpo kāyasamācāro sevitabbo. (110-6.)  
      ca   不変 と、また、そして、しかし  
      kho   不変 じつに、たしかに  
    訳文                
     また尊者よ、およそそのような身の行為に親近する者に不善の法が衰退し、善なる法が増大するのであれば、そのような身の行為は親近されるべきです。  
                       
                       
                       
    111-1.                
     111. ‘‘Kathaṃrūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti?   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Kathaṃrūpaṃ,    a いかなる  
      bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti? (110-6.)  
    訳文                
     尊者よ、いかなる身の行為に親近する者には、不善の法が増大し、善なる法が衰退するのでしょうか。  
                       
                       
                       
    111-2.                
     Idha, bhante, ekacco pāṇātipātī hoti luddo lohitapāṇi hatappahate niviṭṭho adayāpanno pāṇabhūtesu;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha,    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      ekacco    代的 一部の、一類の  
      pāṇa  pra-an a 依(対) 生き物  
      atipātī  ati-pat in たおすこと、伐つことある →殺生の  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti  bhū ある、存在する  
      語根 品詞 語基 意味  
      luddo    名形 a 恐ろしい、凶暴な  
      lohita    名形 a 有(持) 赤い、血  
      pāṇi    i  
      hata  han 過分 a 殺害された、破壊された  
      pahate  pra-han 過分 a 男中 殺された、征服された →殺戮された  
      niviṭṭho  ni-viś 過分 a 住立した、執着した  
      adayā    ā 依(対) 同情なき、憐愍なき  
      āpanno  ā-pad 過分 a 到達した、犯した  
      pāṇa  pra-an a 生き物  
      bhūtesu;  bhū 過分 a 男中 存在した、生物  
    訳文                
     尊者よ、ここに、一部の者は殺生者となります。凶暴な者、血塗られた手の者、殺戮された〔獲物〕たちへ執着する者、生類、生物に対して憐愍なき者です。  
    メモ                
     ・『中部』41「サーレッヤカ経」にパラレル。  
                       
                       
                       
    111-3.                
     adinnādāyī kho pana hoti, yaṃ taṃ parassa paravittūpakaraṇaṃ gāmagataṃ vā araññagataṃ vā taṃ adinnaṃ theyyasaṅkhātaṃ ādātā hoti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      adinna  a-dā 過分 a 依(対) 与えられないもの  
      ādāyī  ā-dā in 取、取ることある →偸盗の  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      pana    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti,  bhū ある、存在する  
      語根 品詞 語基 意味  
      yaṃ    代的 (関係代名詞)  
      taṃ    代的 それ  
      parassa    代的 他の  
      para    代的 依(属) 他の  
      vitta    名形 a 財産、富んだ  
      upakaraṇaṃ  upa-kṛ a 利益、資助、資具  
      gāma    a 依(対)  
      gataṃ  gam 過分 a 行った  
          不変 あるいは  
      arañña    a 依(対) 林野、閑林  
      gataṃ  gam 過分 a 行った  
          不変 あるいは  
      taṃ    代的 それ  
      adinnaṃ  a-dā 過分 a 与えられないもの  
      theyya    a 依(対) 盗心、盗み、偸盗  
      saṅkhātaṃ  saṃ-khyā 過分 a 副対 数えられた、考量された  
      ādātā  ā-dā ar 取る  
      hoti;  bhū ある、なる、存在する  
    訳文                
     また、偸盗者となります。およそ他人の〔もの〕、他人の財産や資具が村に置かれ、あるいは林野に置かれていますが、その、与えられていない物を、盗み心をおこして取る者となるのです。  
                       
                       
                       
    111-4.                
     kāmesumicchācārī kho pana hoti, yā tā māturakkhitā piturakkhitā mātāpiturakkhitā bhāturakkhitā bhaginirakkhitā ñātirakkhitā gottarakkhitā dhammarakkhitā sassāmikā saparidaṇḍā antamaso mālāguḷaparikkhittāpi tathārūpāsu cārittaṃ āpajjitā hoti –   
      語根 品詞 語基 意味  
      kāmesu    a 男中  
      micchā    不変 邪、よこしま、邪悪  
      cārī  car 名形 in 行の →邪淫の  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      pana    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti,  bhū ある、存在する  
      語根 品詞 語基 意味  
          代的 (関係代名詞)  
          代的 それら、彼女ら  
      mātu    ar 依(具)  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      pitu    ar 依(具)  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      mātā    ar  
      pitu    ar 依(具)  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      bhātu    ar 依(具) 兄弟  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      bhagini    ī 依(具) 姉妹  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      ñāti    i 依(具) 親族  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      gotta    a 依(具) 氏姓、家系  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(具)  
      rakkhitā  rakṣ 過分 a 守護された  
      sassāmikā    ā 主人のある、既婚女性  
      saparidaṇḍā    ā 杖罰に守られた  
      antamaso    不変 乃至  
      mālā    ā 花輪、華鬘  
      guḷa    a 依(具) 房、群、鎖  
      parikkhittā  pari-kṣip 過分 a 張り巡らされた、囲まれた  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      tathārūpāsu    a かくのごとき  
      cārittaṃ  car a 作持、実践  
      āpajjitā  ā-pad ar 到達した者 →交際した者、訪ねた者  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti –  bhū ある、存在する  
    訳文                
     また、邪淫者となります。およそ母に守られた女性、父に守られた女性、母父に守られた女性、兄弟に守られた女性、姉妹に守られた女性、親族に守られた女性、家系に守られた女性、法に守られた女性、既婚女性、罰に守られた女性、華鬘と瓔珞に囲まれた女性に至るまでの、そのような女性たちを訪れる者となります。  
                       
                       
                       
    111-5.                
     evarūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti.  
      語根 品詞 語基 意味  
      evarūpaṃ,    a かくのごとき  
      bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti. (110-6.)  
    訳文                
     尊者よ、かくのごとき身の行為に親近する者には、不善の法が増大し、善なる法が衰退するのです。  
                       
                       
                       
    111-6.                
     ‘‘Kathaṃrūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti?   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Kathaṃrūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti? (111-1.)  
    訳文                
     尊者よ、いかなる身の行為に親近する者には、不善の法が衰退し、善なる法が増大するのでしょうか。  
                       
                       
                       
    111-7.                
     Idha, bhante, ekacco pāṇātipātaṃ pahāya pāṇātipātā paṭivirato hoti nihitadaṇḍo nihitasattho, lajjī dayāpanno sabbapāṇabhūtahitānukampī viharati;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha,    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      ekacco    代的 一部の、一類の  
      pāṇa  pra-an a 依(対) 生き物  
      atipātaṃ  ati-pat a たおすこと、伐つこと →殺生  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pahāya  pra-hā 捨てる、断ずる  
      語根 品詞 語基 意味  
      pāṇa  pra-an a 依(対) 生き物  
      atipātā  ati-pat a たおすこと、伐つこと →殺生  
      paṭivirato  prati-vi-ram 過分 a 回避した、離れた  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti  bhū ある、なる  
      語根 品詞 語基 意味  
      nihita  ni-dhā  過分 a 有(持) 置いた;貯蔵した  
      daṇḍo    a 杖、むち  
      nihita  ni-dhā  過分 a 有(持) 置いた;貯蔵した  
      sattho,  śas a 中→男  
      lajjī  lajj in 有恥の  
      dayā day ā 依(対) 憐愍、同情  
      āpanno,  ā-pad 過分 a 犯した、陥った、至った  
      sabba    名形 代的 すべての、一切の  
      pāṇa  pra-an a 生き物  
      bhūta  bhū 過分 a 依(与) 存在した、生類  
      hita  dhā 名形 a 有益な、利益  
      anukampī  anu-kamp in 哀愍ある、同情ある →憐愍ある  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati. vi-hṛ 住した  
    訳文                
     尊者よ、ここに、一部の者は殺生を断じ、殺生より離れて、杖を置き、刀を置いて、恥を知り、憐愍にいたり、一切の生物生類を哀愍して住します。  
                       
                       
                       
    111-8.                
     adinnādānaṃ pahāya adinnādānā paṭivirato hoti, yaṃ taṃ parassa paravittūpakaraṇaṃ gāmagataṃ vā araññagataṃ vā taṃ nādinnaṃ theyyasaṅkhātaṃ ādātā hoti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      adinna  a-dā 過分 a 依(対) 与えられないもの  
      ādānaṃ  ā-dā a 取、取ること →偸盗  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pahāya  pra-hā 捨てる、断ずる  
      語根 品詞 語基 意味  
      adinna  a-dā 過分 a 依(対) 与えられないもの  
      ādānā  ā-dā a 取、取ること →偸盗  
      paṭivirato  prati-vi-ram 過分 a 回避した、離れた  
      hoti, yaṃ taṃ parassa paravittūpakaraṇaṃ gāmagataṃ vā araññagataṃ vā taṃ dinnaṃ theyyasaṅkhātaṃ ādātā hoti; (111-3.)  
      na    不変 ない  
    訳文                
     偸盗を断じ、偸盗より離れます。およそ他人の〔もの〕、他人の財産や資具が村に置かれ、あるいは林野に置かれていますが、その、与えられていない物を、盗み心をおこして取る者にならないのです。  
                       
                       
                       
    111-9.                
     kāmesumicchācāraṃ pahāya kāmesumicchācārā paṭivirato hoti, yā tā māturakkhitā piturakkhitā mātāpiturakkhitā bhāturakkhitā bhaginirakkhitā ñātirakkhitā gottarakkhitā dhammarakkhitā sassāmikā saparidaṇḍā antamaso mālāguḷaparikkhittāpi tathārūpāsu na cārittaṃ āpajjitā hoti –   
      語根 品詞 語基 意味  
      kāmesu    a 男中  
      micchā    不変 邪、よこしま、邪悪  
      cāraṃ  car a 男中 行 →邪淫  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pahāya  pra-hā 捨てる、断ずる  
      語根 品詞 語基 意味  
      kāmesu    a 男中  
      micchā    不変 邪、よこしま、邪悪  
      cārā  car a 男中 行 →邪淫  
      paṭivirato  prati-vi-ram 過分 a 回避した、離れた  
      hoti, yā tā māturakkhitā piturakkhitā mātāpiturakkhitā bhāturakkhitā bhaginirakkhitā ñātirakkhitā gottarakkhitā dhammarakkhitā sassāmikā saparidaṇḍā antamaso mālāguḷaparikkhittāpi tathārūpāsu na cārittaṃ āpajjitā hoti – (111-3.)  
      na    不変 ない  
    訳文                
     邪淫を断じ、邪淫より離れます。およそ母に守られた女性、父に守られた女性、母父に守られた女性、兄弟に守られた女性、姉妹に守られた女性、親族に守られた女性、家系に守られた女性、法に守られた女性、既婚女性、罰に守られた女性、華鬘と瓔珞に囲まれた女性に至るまでの、そのような女性たちを訪れる者とならないのです。  
                       
                       
                       
    111-10.                
     evarūpaṃ, bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      evarūpaṃ,    a かくのごとき  
      bhante, kāyasamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti? (110-6.)  
    訳文                
     尊者よ、かくのごとき身の行為に親近する者には、不善の法が衰退し、善なる法が増大するのです。  
                       
                       
                       
    111-11.                
     ‘Kāyasamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘Kāyasamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (110-1.)  
    訳文                
     『比丘たちよ、私は身の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    111-12.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    111-13.                
     tañca aññamaññaṃ kāyasamācāra’nti –   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ kāyasamācāra’nti – (110-3.)  
    訳文                
     その相互の身の行為を』と、  
                       
                       
                       
    111-14.                
     iti yaṃ taṃ vuttaṃ bhagavatā idametaṃ paṭicca vuttaṃ.  
      語根 品詞 語基 意味  
      iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      yaṃ    代的 (関係代名詞)  
      taṃ    代的 それ  
      vuttaṃ  vac 過分 a 言われた  
      bhagavatā    ant 世尊  
      idam    代的 これ  
      etaṃ    代的 これ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paṭicca  prati-i 縁りて、〜のために  
      語根 品詞 語基 意味  
      vuttaṃ.  vac 過分 a 言われた  
    訳文                
     かく、およそ世尊によって〔簡略に〕言われた、そのこと。それによって、〔いま詳説した〕このことが言われたのです。  
                       
                       
                       
    111-15.                
     ‘‘‘Vacīsamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi –   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Vacīsamācāraṃpāhaṃ, bhikkhave, duvidhena vadāmi – (109-15.)  
    訳文                
     『比丘たちよ、私は語の行為を二種に説きます。  
                       
                       
                       
    111-16.                
     sevitabbampi, asevitabbampi;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sevitabbampi, asevitabbampi; (109-13.)  
    訳文                
     親近すべきものと、親近すべきでないもの、  
                       
                       
                       
    111-17.                
     tañca aññamaññaṃ vacīsamācāra’nti –   
      語根 品詞 語基 意味  
      tañca aññamaññaṃ vacīsamācāra’nti – (110-3, 109-15.)  
    訳文                
     その相互の語の行為を』と、  
                       
                       
                       
    111-18.                
     iti kho panetaṃ vuttaṃ bhagavatā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      iti kho panetaṃ vuttaṃ bhagavatā. (110-4.)  
    訳文                
     かく、このことが世尊によって言われましたが、  
                       
                       
                       
    111-19.                
     Kiñcetaṃ paṭicca vuttaṃ?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Kiñcetaṃ paṭicca vuttaṃ? (110-5.)  
    訳文                
     ではこのことによって何が言われたのでしょうか。  
                       
                       
                       
    111-20.                
     Yathārūpaṃ, bhante, vacīsamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti, evarūpo vacīsamācāro na sevitabbo;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yathārūpaṃ, bhante, vacīsamācāraṃ sevato akusalā dhammā abhivaḍḍhanti, kusalā dhammā parihāyanti, evarūpo vacīsamācāro na sevitabbo; (109-15, 110-6.)  
    訳文                
     尊者よ、およそそのような語の行為に親近する者に不善の法が増大し、善なる法が衰退するのであれば、そのような身の行為は親近されるべきではありません。  
                       
                       
                       
    111-21.                
     yathārūpañca kho, bhante, vacīsamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti evarūpo vacīsamācāro sevitabbo.  
      語根 品詞 語基 意味  
      yathārūpañca kho, bhante, vacīsamācāraṃ sevato akusalā dhammā parihāyanti, kusalā dhammā abhivaḍḍhanti evarūpo vacīsamācāro sevitabbo. (109-15, 110-7.)  
    訳文                
     また尊者よ、およそそのような語の行為に親近する者に不善の法が衰退し、善なる法が増大するのであれば、そのような身の行為は親近されるべきです。  
                       
                       
  ←前へ   トップへ   次へ→
inserted by FC2 system