←前へ   トップへ   次へ→      
                             
                             
     36-40. Rūpaappaccupalakkhaṇādisuttapañcakaṃ        
      語根 品詞 語基 意味        
      Rūpa    a 依(処) 色、物質、肉体、行相        
      appaccupalakkhaṇa  a-prati-upa-lakṣa a 有(持) 観察なき、省察なき        
      ādi    i 男中 最初、初        
      sutta  sīv a 経、糸        
      pañcakaṃ    a 五つの、五法        
    訳文                      
     『色不省察経』など五経        
    メモ                      
     ・appaccupalakkhaṇaの語は辞書類に見られず、とりあえず形容詞としておいた(以下も同様とする)。否定でない場合paccupalakkhaṇāという女性名詞である。        
                             
                             
                             
    642-1.                      
     642-646. Sāvatthinidānaṃ.         
      語根 品詞 語基 意味        
      Sāvatthi    ī 有(処) 地名、サーヴァッティー、舎衛城        
      nidānaṃ.    a 因縁、因由        
    訳文                      
     サーヴァッティーでのことである。        
                             
                             
                             
    642-2.                      
     Rūpe kho, vaccha, appaccupalakkhaṇā…pe…         
      語根 品詞 語基 意味        
      Rūpe    a 色、物質、肉体、行相        
      kho,    不変 じつに、たしかに        
      vaccha,    a 人名、ヴァッチャ        
      appaccupalakkhaṇā…pe…  a-prati-upa-lakṣa a 男中 観察なき、省察なき        
    訳文                      
     「ヴァッチャよ、〈色〉に関する不省察ゆえ……        
                             
                             
                             
    642-3.                      
     viññāṇe kho, vaccha, appaccupalakkhaṇā…pe….         
      語根 品詞 語基 意味        
      viññāṇe  vi-jñā a        
      kho,    不変 じつに、たしかに        
      vaccha,    a 人名、ヴァッチャ        
      appaccupalakkhaṇā…pe….  a-prati-upa-lakṣa a 男中 観察なき、省察なき        
    訳文                      
     ヴァッチャよ、〈識〉に関する不省察ゆえ……        
                             
                             
                             
     Cattālīsamaṃ.        
      語根 品詞 語基 意味        
      Cattālīsamaṃ.    a 第四十の        
    訳文                      
     第四十〔経〕。        
                             
                             
  ←前へ   トップへ   次へ→      
inserted by FC2 system