</
                       
  ←前へ   トップへ   次へ→
                       
                       
     Kāyānupassanā navasivathikapabbaṃ  
      語根 品詞 語基 意味  
      Kāya    a 依(属)  
      anupassanā  anu-paś ā 随観  
      nava     
      sivathika    ā 依(属) 墓、墓所  
      pabbaṃ   an 結節、腕、部分  
    訳文                
     【身随観:九墓所の部】  
                       
                       
                       
    112-1.                
     112. ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ ekāhamataṃ vā dvīhamataṃ vā tīhamataṃ vā uddhumātakaṃ vinīlakaṃ vipubbakajātaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Puna    不変 さらに、ふたたび  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      aparaṃ,    代的 副対 他の、別の  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      seyyathā    不変 その如き、たとえば  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      passeyya  paś 見る  
      語根 品詞 語基 意味  
      sarīraṃ    a 遺体、遺骨、舎利  
      sivathikāya    ā 墓、墓所  
      chaḍḍitaṃ  chṛd 過分 a 捨てられた  
      eka    代的  
      aha    as 有(奪)  
      mataṃ  mṛ 過分 a 死んだ  
          不変 あるいは  
      dvi     
      aha    as 有(奪)  
      mataṃ  mṛ 過分 a 死んだ  
          不変 あるいは  
      ti     
      aha    as 有(奪)  
      mataṃ  mṛ 過分 a 死んだ  
          不変 あるいは  
      uddhumātakaṃ  ud-dhmā a 膨張した  
      vinīlakaṃ    a 紺青の、青ぶくれの  
      vipubbaka    a 依(対) 膿み爛れた  
      jātaṃ.  jan 過分 a 生じた  
    訳文                
     比丘たちよ、さらにまた別に、比丘が、たとえば墓地に捨てられた遺体を見るとしましょう。死んでから一日たった、死んでから二日たった、あるいは死んでから三日たった、膨張し、青くなり、膿み爛れの生じたものを。  
                       
                       
                       
    112-2.                
     So imameva kāyaṃ upasaṃharati –   
      語根 品詞 語基 意味  
      So    代的 それ、彼  
      imam    代的 この  
      eva    不変 まさに、のみ、じつに  
      kāyaṃ    a  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      upasaṃharati –  upa-saṃ-hṛ 集める、集中する、置く、比較する、捕捉する  
    訳文                
     彼は、その身と引き比べます。  
                       
                       
                       
    112-3.                
     ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti [etaṃ anatītoti (sī. pī.)].   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘ayam    代的 この  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      kāyo    a  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      dhammo  dhṛ a 男中  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      bhāvī  bhū in 本性ある、状態ある  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      anatīto’  an-ati-i 過分 a 免れない not free from   
      ti.   不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     『この身もまた、かくのごとき性質のもの、かくのごとき状態あるもの、かくのごときを免れないものである』と。  
                       
                       
                       
    112-4.                
     Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      Iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内なる、個人的な  
          不変 あるいは  
      kāye    a  
      kāya    a 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati…pe…   vi-hṛ 住する  
    訳文                
     このように、内の身に関して身を随観する者として住し……  
                       
                       
                       
    112-5.                
     evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati.  
      語根 品詞 語基 意味  
      evam    不変 このように、かくの如き  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      kāye    a  
      kāya    a 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati. vi-hṛ 住する  
    訳文                
     比丘たちよ、じつにこのように比丘は、身に関して身を随観する者として住するのです。  
                       
                       
                       
    112-6.                
     ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ kākehi vā khajjamānaṃ kulalehi vā khajjamānaṃ gijjhehi vā khajjamānaṃ kaṅkehi vā khajjamānaṃ sunakhehi vā khajjamānaṃ byagghehi vā khajjamānaṃ dīpīhi vā khajjamānaṃ siṅgālehi vā [gijjhehi vā khajjamānaṃ, suvānehi vā khajjamānaṃ, sigālehi vā (syā. pī.)] khajjamānaṃ vividhehi vā pāṇakajātehi khajjamānaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ (112-1.)  
      kākehi    a  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      kulalehi    a 禿鷹  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      gijjhehi    a  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      kaṅkehi    a 青鷺  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      sunakhehi    a  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      byagghehi    a  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      dīpīhi    in  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      siṅgālehi    a ジャッカル  
          不変 あるいは  
      khajjamānaṃ  khād 現分 a 食べられる  
      vividhehi    a 男中 種々の  
          不変 あるいは  
      pāṇaka  pra-an a 小動物、虫  
      jātehi  jan 過分 a 男中 生じた  
      khajjamānaṃ.  khād 現分 a 食べられる  
    訳文                
     比丘たちよ、さらにまた別に、比丘が、たとえば墓地に捨てられた遺体を見るとしましょう。鴉に食べられ、禿鷹に食べられ、鷲に食べられ、青鷺に食べられ、犬に食べられ、虎に食べられ、豹に食べられ、ジャッカルに食べられ、あるいは種々に生じた小動物に食べられているものを。  
                       
                       
                       
    112-7.                
     So imameva kāyaṃ upasaṃharati –   
      語根 品詞 語基 意味  
      So imameva kāyaṃ upasaṃharati – (112-2.)  
    訳文                
     彼は、その身と引き比べます。  
                       
                       
                       
    112-8.                
     ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti. (112-3.)  
    訳文                
     『この身もまた、かくのごとき性質のもの、かくのごとき状態あるもの、かくのごときを免れないものである』と。  
                       
                       
                       
    112-9.                
     Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati…pe… (112-4.)  
    訳文                
     このように、内の身に関して身を随観する者として住し……  
                       
                       
                       
    112-10.                
     evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati.  
      語根 品詞 語基 意味  
      evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati. (112-5.)  
    訳文                
     比丘たちよ、じつにこのように比丘は、身に関して身を随観する者として住するのです。  
                       
                       
                       
    112-11.                
     ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ aṭṭhikasaṅkhalikaṃ samaṃsalohitaṃ nhārusambandhaṃ…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ (112-1.)  
      aṭṭhika    a 有(属)  
      saṅkhalikaṃ    ā 女→中 鎖、枷、束縛 →骸骨、骨鎖  
      samaṃsa    a 有(相) 肉ある  
      lohitaṃ    名形 a  
      nhāru    u 有(具) 腱、筋  
      sambandhaṃ…pe…  saṃ-bandh a 男→中 結合  
    訳文                
     比丘たちよ、さらにまた別に、比丘が、たとえば墓地に捨てられた遺体を見るとしましょう。骸骨となって、肉と血があり、筋で繋がったものを……(略)  
                       
                       
                       
    112-12.                
     aṭṭhikasaṅkhalikaṃ nimaṃsalohitamakkhitaṃ nhārusambandhaṃ…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      aṭṭhika    a 有(属)  
      saṅkhalikaṃ    ā 女→中 鎖、枷、束縛 →骸骨、骨鎖  
      nimaṃsa    a 肉なき  
      lohita    名形 a 依(具)  
      makkhitaṃ  mṛkṣ 使 過分 a 汚れた、まみれた  
      nhāru    u 有(具) 腱、筋  
      sambandhaṃ…pe…  saṃ-bandh a 男→中 結合  
    訳文                
     骸骨となって、肉なく、血にまみれ、筋で繋がったものを……(略)  
                       
                       
                       
    112-13.                
     aṭṭhikasaṅkhalikaṃ apagatamaṃsalohitaṃ nhārusambandhaṃ…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      aṭṭhika    a 有(属)  
      saṅkhalikaṃ    ā 女→中 鎖、枷、束縛 →骸骨、骨鎖  
      apagata  apa-gam 過分 a 有(持) 去った、離れた、死去した  
      maṃsa    a  
      lohitaṃ    名形 a  
      nhāru    u 有(具) 腱、筋  
      sambandhaṃ…pe…  saṃ-bandh a 男→中 結合  
    訳文                
     骸骨となって、肉と血がなくなり、筋で繋がったものを……(略)  
                       
                       
                       
    112-14.                
     aṭṭhikāni apagatasambandhāni [apagatanhārusambandhāni (syā.)] disā vidisā vikkhittāni, aññena hatthaṭṭhikaṃ aññena pādaṭṭhikaṃ aññena gopphakaṭṭhikaṃ [‘‘aññena gopphakaṭṭhika’’nti idaṃ sī. syā. pī. potthakesu natthi] aññena jaṅghaṭṭhikaṃ aññena ūruṭṭhikaṃ aññena kaṭiṭṭhikaṃ [aññena kaṭaṭṭhikaṃ aññena piṭṭhaṭṭhikaṃ aññena kaṇṭakaṭṭhikaṃ aññena phāsukaṭṭhikaṃ aññena uraṭṭhikaṃ aññena aṃsaṭṭhikaṃ aññena bāhuṭṭhikaṃ (syā.)] aññena phāsukaṭṭhikaṃ aññena piṭṭhiṭṭhikaṃ aññena khandhaṭṭhikaṃ [aññena kaṭaṭṭhikaṃ aññena piṭṭhaṭṭhikaṃ aññena kaṇṭakaṭṭhikaṃ aññena phāsukaṭṭhikaṃ aññena uraṭṭhikaṃ aññena aṃsaṭṭhikaṃ aññena bāhuṭṭhikaṃ (syā.)] aññena gīvaṭṭhikaṃ aññena hanukaṭṭhikaṃ aññena dantaṭṭhikaṃ aññena sīsakaṭāhaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      aṭṭhikāni    a  
      apagata  apa-gam 過分 a 有(持) 去った、離れた、死去した  
      sambandhāni  saṃ-bandh a 男→中 結合  
      disā    ā 方角、方位、四方  
      vidisā    ā 依(処) 四維  
      vikkhittāni,  vi-kṣip 過分 a 散乱した  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      hatthi    in 依(属) 手の  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      pāda    a 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      gopphaka    a 依(属) くるぶし  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      jaṅgha    ā 依(属) すね  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      ūru    u 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      kaṭi    i 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      phāsuka    ā 依(属) 肋骨  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      piṭṭhi    i 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      khandha    a 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      gīva    ā 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      hanuka    ā 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      danta    a 依(属)  
      aṭṭhikaṃ    a  
      aññena    代的 副具 他の、異なる  
      sīsa    a 依(属)  
      kaṭāhaṃ.    a 男中 瓶 →頭蓋  
    訳文                
     結合を失った、四方四維に散乱した、手の骨が別に、足の骨が別に、くるぶしの骨が別に、すねの骨が別に、腿の骨が別に、腰の骨が別に、あばらの骨が別に、背の骨が別に、肩の骨が別に、頸の骨が別に、顎の骨が別に、歯の骨が別に、頭蓋が別になっている骨を。  
                       
                       
                       
    112-15.                
     So imameva kāyaṃ upasaṃharati –   
      語根 品詞 語基 意味  
      So imameva kāyaṃ upasaṃharati – (112-2.)  
    訳文                
     彼は、その身と引き比べます。  
                       
                       
                       
    112-16.                
     ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti. (112-3.)  
    訳文                
     『この身もまた、かくのごとき性質のもの、かくのごとき状態あるもの、かくのごときを免れないものである』と。  
                       
                       
                       
    112-17.                
     Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati…pe… (112-4.)  
    訳文                
     このように、内の身に関して身を随観する者として住し……  
                       
                       
                       
    112-18.                
     evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati.  
      語根 品詞 語基 意味  
      evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati. (112-5.)  
    訳文                
     比丘たちよ、じつにこのように比丘は、身に関して身を随観する者として住するのです。  
                       
                       
                       
    112-19.                
     ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ, aṭṭhikāni setāni saṅkhavaṇṇapaṭibhāgāni [saṅkhavaṇṇūpanibhāni (sī. syā. pī.)] …pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Puna caparaṃ, bhikkhave, bhikkhu seyyathāpi passeyya sarīraṃ sivathikāya chaḍḍitaṃ, (112-1.)  
      aṭṭhikāni    a  
      setāni    a 白い  
      saṅkha   a 依(属) 螺貝  
      vaṇṇa    a 有(具)  
      paṭibhāgāni…pe…  prati-bhaj a 男→中 類似、対比  
    訳文                
     比丘たちよ、さらにまた別に、比丘が、たとえば墓地に捨てられた遺体を見るとしましょう。貝の色のようになった白い骨を……(略)  
                       
                       
                       
    112-20.                
     aṭṭhikāni puñjakitāni terovassikāni…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      aṭṭhikāni    a  
      puñja    a 集積、山積  
      kitāni  kṛ 過分 a 飾られた、汚された  
      terovassikāni…pe…    a 一年を過ぎた  
    訳文                
     一年が過ぎ、山積みにされた骨を……(略)  
                       
                       
                       
    112-21.                
     aṭṭhikāni pūtīni cuṇṇakajātāni.   
      語根 品詞 語基 意味  
      aṭṭhikāni    a  
      pūtīni    a 腐った、腐敗の  
      cuṇṇaka  carv 名形 a 依(対) 粉末の  
      jātāni.  jan  過分 a 生じた  
    訳文                
     腐敗し、粉々になった骨を。  
                       
                       
                       
    112-22.                
     So imameva kāyaṃ upasaṃharati –   
      語根 品詞 語基 意味  
      So imameva kāyaṃ upasaṃharati – (112-2.)  
    訳文                
     彼は、その身と引き比べます。  
                       
                       
                       
    112-23.                
     ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘ayampi kho kāyo evaṃdhammo evaṃbhāvī evaṃanatīto’ti. (112-3.)  
    訳文                
     『この身もまた、かくのごとき性質のもの、かくのごとき状態あるもの、かくのごときを免れないものである』と。  
                       
                       
                       
    112-24.                
     Iti ajjhattaṃ vā kāye kāyānupassī viharati, bahiddhā vā kāye kāyānupassī viharati, ajjhattabahiddhā vā kāye kāyānupassī viharati;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内なる、個人的な  
          不変 あるいは  
      kāye kāyānupassī viharati, (112-4.)  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      kāye kāyānupassī viharati, (112-4.)  
      ajjhatta    a 自らの、内なる、個人的な  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      kāye kāyānupassī viharati;  (112-4.)  
    訳文                
     このように、内の身に関して身を随観する者として住し、外の身に関して身を随観する者として住し、あるいは内外の身に関して身を随観する者として住します。  
                       
                       
                       
    112-25.                
     samudayadhammānupassī vā kāyasmiṃ viharati, vayadhammānupassī vā kāyasmiṃ viharati, samudayavayadhammānupassī vā kāyasmiṃ viharati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      samudaya  saṃ-ud-i a 有(属) 集、生起、原因  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      kāyasmiṃ    a  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati,  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vaya    a 有(属) 衰滅、消滅  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      kāyasmiṃ    a  
      viharati,  同上  
      samudaya  saṃ-ud-i a 集、生起、原因  
      vaya    a 有(属) 衰滅  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      kāyasmiṃ    a  
      viharati.  同上  
    訳文                
     身に関して生起の性質あるものと随観する者として住し、身に関して消滅の性質あるものと随観する者として住し、あるいは身に関して生起と消滅の性質あるものと随観する者として住します。  
                       
                       
                       
    112-26.                
     ‘Atthi kāyo’ti vā panassa sati paccupaṭṭhitā hoti.   
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      ‘Atthi  as ある、なる  
      語根 品詞 語基 意味  
      kāyo’    a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
          不変 あるいは  
      pana    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      assa    代的 これ  
      sati  smṛ i 念、憶念、正念  
      paccupaṭṭhitā  prati-upa-sthā 過分 a 立ち上がった、現起した  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti  bhū ある、存在する  
    訳文                
     あるいは彼には『〔ただ〕身が存在する』という念が現起しますが、  
                       
                       
                       
    112-27.                
     Yāvadeva ñāṇamattāya paṭissatimattāya anissito ca viharati, na ca kiñci loke upādiyati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yāva    不変 〜だけ、〜まで、〜の限り  
      eva    不変 まさに、のみ、じつに  
      ñāṇa  jñā a  
      attāya    a 男中 義、目的  
      paṭissati  prati-smṛ i 憶念、記憶  
      attāya  a 男中 義、目的  
      anissito  a-ni-śri 過分 a 無依の、不依止の  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati,  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      na    不変 ない  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      kiñci    不変  
      loke    a 世、世間  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      upādiyati.  upa-ā-dā 取る、執受する  
    訳文                
     〔それは〕智のため、念のため、〔渇愛や見に〕依止せずして住するかぎりのことであり、しかして彼は世における何ものをも執受しません。  
                       
                       
                       
    112-28.                
     Evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Evampi kho, bhikkhave, bhikkhu kāye kāyānupassī viharati. (112-5.)  
    訳文                
     比丘たちよ、じつにこのように比丘は、身に関して身を随観する者として住するのです。  
                       
                       
                       
     Navasivathikapabbaṃ niṭṭhitaṃ.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Nava     
      sivathika    ā 依(属) 墓、墓所  
      pabbaṃ   an 結節、腕、部分  
      niṭṭhitaṃ.   nih-sthā 過分 a 完了した、終わった  
    訳文                
     【九墓所の部】おわり。  
                       
                       
                       
     Cuddasakāyānupassanā niṭṭhitā.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Cuddasa    十四  
      kāya    a 依(属)  
      anupassanā  anu-paś ā 随観  
      niṭṭhitā. nih-sthā 過分 a 完了した、終わった  
    訳文                
     【十四身随観】おわり。  
                       
                       
                       
     Vedanānupassanā  
      語根 品詞 語基 意味  
      Vedana  vid ā 依(属) 受、感受  
      anupassanā anu-paś ā 随観  
    訳文                
     【受随観】  
                       
                       
                       
    113-1.                
     113. ‘‘Kathañca pana, bhikkhave, bhikkhu vedanāsu vedanānupassī viharati?   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Kathañ    不変 いかに、なぜに  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      pana,    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      vedanāsu  vid ā  
      vedanā  vid ā 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati?  vi-hṛ 住する  
    訳文                
     では比丘たちよ、いかに比丘は、諸受に関して諸受を随観する者として住するのでしょうか。  
                       
                       
                       
    113-2.                
     Idha, bhikkhave, bhikkhu sukhaṃ vā [sukhaṃ, dukkhaṃ, adukkhamasukhaṃ (sī. syā. pī. ka.)] vedanaṃ vedayamāno ‘sukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha,    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      sukhaṃ    名形 a 中→女  
          不変 あるいは  
      vedanaṃ  vid ā  
      vedayamāno  vid 使 現分 a 感受する  
      ‘sukhaṃ    名形 a 中→女  
      vedanaṃ  vid ā  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      vedayāmī’  vid 使 感受する  
      語根 品詞 語基 意味  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti;  pra-jñā 知る、了知する  
    訳文                
     比丘たちよ、ここに比丘が、あるいは、楽なる受を感受して、『私は楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-3.                
     dukkhaṃ vā [sukhaṃ, dukkhaṃ adukkhamasukhaṃ (sī. syā. pī. ka.)] vedanaṃ vedayamāno ‘dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      dukkhaṃ vā vedanaṃ vedayamāno ‘dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-2.)  
      dukkhaṃ    名形 a 中→女  
    訳文                
     あるいは、苦なる受を感受して、『私は苦なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-4.                
     adukkhamasukhaṃ vā vedanaṃ vedayamāno ‘adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      adukkhamasukhaṃ vā vedanaṃ vedayamāno ‘adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-2.)  
      adukkhamasukhaṃ    a 不苦不楽  
    訳文                
     あるいは、不苦不楽なる受を感受して、『私は不苦不楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-5.                
     sāmisaṃ vā sukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ sukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sāmisaṃ vā sukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ sukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-2.)  
      sāmisaṃ    a 有味の、物質的、肉体的  
    訳文                
     あるいは、肉体的な楽なる受を感受して、『私は肉体的な楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-6.                
     nirāmisaṃ vā sukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ sukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      nirāmisaṃ vā sukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ sukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-2.)  
      nirāmisaṃ    a 無食味の、無染の、離財の、非物質的  
    訳文                
     あるいは、非肉体的な楽なる受を感受して、『私は非肉体的な楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-7.                
     sāmisaṃ vā dukkhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sāmisaṃ vā dukkhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-5.)  
      dukkhaṃ    名形 a 中→女  
    訳文                
     あるいは、肉体的な苦なる受を感受して、『私は肉体的な苦なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-8.                
     nirāmisaṃ vā dukkhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      nirāmisaṃ vā dukkhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ dukkhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-6.)  
      dukkhaṃ    名形 a 中→女  
    訳文                
     あるいは、非肉体的な苦なる受を感受して、『私は非肉体的な苦なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-9.                
     sāmisaṃ vā adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sāmisaṃ vā adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘sāmisaṃ adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-5.)  
      adukkhamasukhaṃ    a 不苦不楽  
    訳文                
     あるいは、肉体的な不苦不楽なる受を感受して、『私は肉体的な不苦不楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-10.                
     nirāmisaṃ vā adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      nirāmisaṃ vā adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayamāno ‘nirāmisaṃ adukkhamasukhaṃ vedanaṃ vedayāmī’ti pajānāti; (113-6.)  
      adukkhamasukhaṃ    a 不苦不楽  
    訳文                
     あるいは、非肉体的な不苦不楽なる受を感受して、『私は非肉体的な不苦不楽なる感受を感受する』と了知します。  
                       
                       
                       
    113-11.                
     iti ajjhattaṃ vā vedanāsu vedanānupassī viharati, bahiddhā vā vedanāsu vedanānupassī viharati, ajjhattabahiddhā vā vedanāsu vedanānupassī viharati;   
      語根 品詞 語基 意味  
      iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内なる、個人的な  
          不変 あるいは  
      vedanāsu vedanānupassī viharati, (113-1.)  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      vedanāsu vedanānupassī viharati, (113-1.)  
      ajjhatta    a 自らの、内なる、個人的な  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      vedanāsu vedanānupassī viharati, (113-1.)  
    訳文                
     このように、内の諸受に関して諸受を随観する者として住し、外の諸受に関して諸受を随観する者として住し、あるいは内外の諸受に関して諸受を随観する者として住します。  
                       
                       
                       
    113-12.                
     samudayadhammānupassī vā vedanāsu viharati, vayadhammānupassī vā vedanāsu viharati, samudayavayadhammānupassī vā vedanāsu viharati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      samudaya  saṃ-ud-i a 有(属) 集、生起、原因  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      vedanāsu  vid ā  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati,  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vaya    a 有(属) 衰滅、消滅  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      vedanāsu  vid ā  
      viharati,  同上  
      samudaya  saṃ-ud-i a 集、生起、原因  
      vaya    a 有(属) 衰滅  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
          不変 あるいは  
      vedanāsu  vid ā  
      viharati.  同上  
    訳文                
     諸受に関して生起の性質あるものと随観する者として住し、諸受に関して消滅の性質あるものと随観する者として住し、あるいは諸受に関して生起と消滅の性質あるものと随観する者として住します。  
                       
                       
                       
    113-13.                
     ‘Atthi vedanā’ti vā panassa sati paccupaṭṭhitā hoti.   
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      ‘Atthi  as ある、なる  
      語根 品詞 語基 意味  
      vedanā’  vid 使 ā  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
          不変 あるいは  
      pana    不変 また、しかし、しからば、しかも、しかるに、さて  
      assa    代的 これ  
      sati  smṛ i 念、憶念、正念  
      paccupaṭṭhitā  prati-upa-sthā 過分 a 立ち上がった、現起した  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      hoti.  bhū ある、存在する  
    訳文                
     あるいは彼には『〔ただ〕受が存在する』という念が現起しますが、  
                       
                       
                       
    113-14.                
     Yāvadeva ñāṇamattāya paṭissatimattāya anissito ca viharati, na ca kiñci loke upādiyati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yāva    不変 〜だけ、〜まで、〜の限り  
      eva    不変 まさに、のみ、じつに  
      ñāṇa  jñā a  
      attāya    a 男中 義、目的  
      paṭissati  prati-smṛ i 憶念、記憶  
      attāya  a 男中 義、目的  
      anissito  a-ni-śri 過分 a 無依の、不依止の  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati,  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      na    不変 ない  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      kiñci    不変  
      loke    a 世、世間  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      upādiyati.  upa-ā-dā 取る、執受する  
    訳文                
     〔それは〕智のため、念のため、〔渇愛や見に〕依止せずして住するかぎりのことであり、しかして彼は世における何ものをも執受しません。  
                       
                       
                       
    113-15.                
     Evampi kho, bhikkhave, bhikkhu vedanāsu vedanānupassī viharati.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Evam    不変 このように、かくの如き  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bhikkhave, bhikkhu vedanāsu vedanānupassī viharati. (113-1.)  
    訳文                
     比丘たちよ、じつにこのように比丘は、諸受に関して諸受を随観する者として住するのです。  
                       
                       
                       
     Vedanānupassanā niṭṭhitā.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Vedanā  vid ā 依(属) 受、感受  
      anupassanā  anu-paś ā 随観  
      niṭṭhitā. nih-sthā 過分 a 完了した、終わった  
    訳文                
     【受随観】おわり。  
                       
                       
                       
     Cittānupassanā  
      語根 品詞 語基 意味  
      Citta  cit a 依(属)  
      anupassanā anu-paś ā 随観  
    訳文                
     【心随観】  
                       
                       
                       
    114-1.                
     114. ‘‘Kathañca pana, bhikkhave, bhikkhu citte cittānupassī viharati?   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Kathañca pana, bhikkhave, bhikkhu citte cittānupassī viharati? (113-1.)  
      citte  cit a  
      citta  cit a 依(対)  
    訳文                
     では比丘たちよ、いかに比丘は、心に関して諸受を随観する者として住するのでしょうか。  
                       
                       
                       
    114-2.                
     Idha, bhikkhave, bhikkhu sarāgaṃ vā cittaṃ ‘sarāgaṃ citta’nti pajānāti, vītarāgaṃ vā cittaṃ ‘vītarāgaṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha,    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bhikkhave,  bhikṣ u 比丘  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      sarāgaṃ  sa-raj a 有貪の  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘sarāgaṃ    a 有貪の  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      rāgaṃ  raj a 男→中  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      rāgaṃ  raj a 男→中  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti;  同上  
    訳文                
     比丘たちよ、ここに比丘は、有貪の心を『有貪の心だ』と了知します。あるいは、離貪の心を『離貪の心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-3.                
     sadosaṃ vā cittaṃ ‘sadosaṃ citta’nti pajānāti, vītadosaṃ vā cittaṃ ‘vītadosaṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sadosaṃ  sa-dviṣ a 有瞋の  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘sadosaṃ sa-dviṣ a 有瞋の  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      dosaṃ  dviṣ a 男→中  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      dosaṃ  dviṣ a 男→中  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti;  同上  
    訳文                
     あるいは、有瞋の心を『有瞋の心だ』と了知します。あるいは、離瞋の心を『離瞋の心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-4.                
     samohaṃ vā cittaṃ ‘samohaṃ citta’nti pajānāti, vītamohaṃ vā cittaṃ ‘vītamohaṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      samohaṃ  sa-muh a 有痴の  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘samohaṃ  sa-muh a 有痴の  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      mohaṃ  muh a 男→中  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘vīta  vi-i 過分 a 有(持) はなれた  
      mohaṃ  muh a 男→中  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti;  同上  
    訳文                
     あるいは、有痴の心を『有痴の心だ』と了知します。あるいは、離痴の心を『離痴の心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-5.                
     saṃkhittaṃ vā cittaṃ ‘saṃkhittaṃ citta’nti pajānāti, vikkhittaṃ vā cittaṃ ‘vikkhittaṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      saṃkhittaṃ  saṃ-kṣip 過分 a 簡略の、昏昧の、収了の、統一した  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘saṃkhittaṃ  saṃ-kṣip 過分 a 簡略の、昏昧の、収了の、統一した  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      vikkhittaṃ  vi-kṣip 過分 a 混乱、散乱した  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      vikkhittaṃ  vi-kṣip 過分 a 混乱、散乱した  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti;  同上  
    訳文                
     あるいは、昏迷した心を『昏迷した心だ』と了知します。あるいは、散乱した心を『散乱した心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-6.                
     mahaggataṃ vā cittaṃ ‘mahaggataṃ citta’nti pajānāti, amahaggataṃ vā cittaṃ ‘amahaggataṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      maha    ant 大きい、偉大な  
      gataṃ  gam 過分 a 行かれた →広大な  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘maha    ant 大きい、偉大な  
      gataṃ  gam 過分 a 行かれた →広大な  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      amaha    ant 小さい  
      gataṃ  gam 過分 a 行かれた →狭小な  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘amaha    ant 小さい  
      gataṃ  gam 過分 a 行かれた →狭小な  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti.  同上  
    訳文                
     あるいは、広大な心を『広大な心だ』と了知します。あるいは、狭小な心を『狭小な心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-7.                
     sauttaraṃ vā cittaṃ ‘sauttaraṃ citta’nti pajānāti, anuttaraṃ vā cittaṃ ‘anuttaraṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      sauttaraṃ    a 有上の  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘sauttaraṃ    a 有上の  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      anuttaraṃ    代的 無上の  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘anuttaraṃ    a 無上の  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti.  同上  
    訳文                
     あるいは、有上の心を『有上の心だ』と了知します。あるいは、無上の心を『無上の心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-8.                
     samāhitaṃ vā cittaṃ ‘samāhitaṃ citta’nti pajānāti, asamāhitaṃ vā cittaṃ ‘asamāhitaṃ citta’nti pajānāti;   
      語根 品詞 語基 意味  
      samāhitaṃ  saṃ-ā-dā 過分 a 入定した  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘samāhitaṃ  saṃ-ā-dhā 過分 a 入定した  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 知る、了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      asamāhitaṃ  a-saṃ-ā-dhā 過分 a 入定せざる  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘asamāhitaṃ  a-saṃ-ā-dhā 過分 a 入定せざる  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      pajānāti.  同上  
    訳文                
     あるいは、入定した心を『入定した心だ』と了知します。あるいは、入定せざる心を『入定せざる心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-9.                
     vimuttaṃ vā cittaṃ ‘vimuttaṃ citta’nti pajānāti, avimuttaṃ vā cittaṃ ‘avimuttaṃ citta’nti pajānāti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      vimuttaṃ  vi-muc 過分 a 解脱した  
          不変 あるいは  
      cittaṃ  cit a  
      ‘vimuttaṃ  vi-muc 過分 a 解脱した  
      citta’n  cit a  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti.  pra-jñā 知る、了知する  
    訳文                
     あるいは、解脱した心を『解脱した心だ』と了知します。あるいは、解脱せざる心を『解脱せざる心だ』と了知します。  
                       
                       
                       
    114-10.                
     Iti ajjhattaṃ vā citte cittānupassī viharati, bahiddhā vā citte cittānupassī viharati, ajjhattabahiddhā vā citte cittānupassī viharati;   
      語根 品詞 語基 意味  
      Iti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内なる、個人的な  
          不変 あるいは  
      citte cittānupassī viharati, (114-1.)  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      citte cittānupassī viharati, (114-1.)  
      ajjhatta    a 自らの、内なる、個人的な  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
          不変 あるいは  
      citte cittānupassī viharati; (114-1.)  
    訳文                
     このように、内の心に関して心を随観する者として住し、外の心に関して心を随観する者として住し、あるいは内外の心に関して心を随観する者として住します。  
                       
                       
                       
    114-11.                
     samudayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati, vayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati, samudayavayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      samudayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati, vayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati, samudayavayadhammānupassī vā cittasmiṃ viharati. (113-12.)