←前へ   トップへ      
                       
                       
     Bhāvitaiddhipādo  
      語根 品詞 語基 意味  
      Bhāvita  bhū 使 過分 a 修習された  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pādo   a 足 →神足  
    訳文                
     【修習された〔四〕神足】  
                       
                       
                       
    287-1.                
     287. ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāva supaññattā cime tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro iddhipādā paññattā iddhipahutāya [iddhibahulīkatāya (syā.)] iddhivisavitāya [iddhivisevitāya (syā.)] iddhivikubbanatāya.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Taṃ    代的 それ  
      kiṃ    不変 何、どう  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      maññanti,  man 考える  
      語根 品詞 語基 意味  
      bhonto  bhū 名現分 ant 尊者らよ、君らよ、友らよ、ああ、おお  
      devā    a 天、神  
      tāvatiṃsā,    a 三十三〔天〕の  
      yāva    不変 〜だけ、〜まで、〜の限り  
      supaññattā  su-pra-jñā 過分 a よく知らしめられた  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      ime    代的 これら  
      tena    代的 それ、彼、それによって、それゆえ  
      bhagavatā    ant 世尊  
      jānatā  jñā 現分 ant 知者、知りつつあるもの  
      passatā  paś 現分 ant 見者、見つつあるもの  
      arahatā  arh 名現分 ant 阿羅漢  
      sammā    不変 正しい  
      sambuddhena  saṃ-budh 名過分 a 等覚者  
      cattāro     
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pādā    a 足 →神足  
      paññattā  pra-jñā 過分 a 知らしめられた  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pahutāya  pra-bhū ā 可能性  
      iddhi    i 神通、神変  
      visavitāya  vi-sru 過分 a 男中 種々に流出した  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      vikubbanatāya.    ā 変化性、神変性  
    訳文                
     友らよ、三十三天の神々は、このことをどう考えますか。かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、神変の可能性のため、種々に流出せる神変のため、神変の変幻性のために知らしめられたこれら四神足が、どれほど知らしめられたかを。  
    メモ                
     ・以下、類似文の繰り返しで、yāvayāvañcaが混在している。 すでにyāvañcaを「どれほど、いかほど」と訳したが、yāvaの場合も、疑問詞kiṃの影響で同様のニュアンスとなると解して訳した。  
     ・iddhipahutāya iddhivisavitāya iddhivikubbanatāya.については諸訳も曖昧だが、神通力の習得・熟達・実践というプロセスを言ったものと解しているようである(これは註によったものか)。  
                       
                       
                       
    287-2.                
     Katame cattāro?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Katame    代的 いずれの  
      cattāro?     
    訳文                
     いかなる四つか。  
                       
                       
                       
    287-3.                
     Idha bho bhikkhu chandasamādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bho  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      chanda    a 依(具) 欲、意欲  
      samādhi  saṃ-ā-dhā i 定、三昧、精神集中  
      padhāna  pra-dhā a 依(属) 努力、精勤  
      saṅkhāra  saṃ-kṛ a 依(具) 行 →精進  
      samannāgataṃ  saṃ-anu-ā-gam 過分 a 具備した、具足の  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pādaṃ    a 足 →神足  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      bhāveti.  bhū 使 修習する  
    訳文                
     友等よ、ここに比丘は、意欲による三昧と精勤を具足した神足を修習します。  
    メモ                
     ・複合語の解釈は註によった。  
     ・水野辞書ではpadhānasaṅkhāraで「精進」とあるが、つぎにvīriyaが出てくるので、ここでは「精勤」とした。  
                       
                       
                       
    287-4.                
     Vīriyasamādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Vīriya    a 依(具) 精進  
      samādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti. (287-3.)  
    訳文                
     精進による三昧と精勤を具足した神足を修習します。  
                       
                       
                       
    287-5.                
     Cittasamādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Citta  cit a 依(具)  
      samādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti. (287-3.)  
    訳文                
     心による三昧と精勤を具足した神足を修習します。  
                       
                       
                       
    287-6.                
     Vīmaṃsāsamādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Vīmaṃsā    ā 依(具) 観、観慧、思惟  
      samādhippadhānasaṅkhārasamannāgataṃ iddhipādaṃ bhāveti. (287-3.)  
    訳文                
     思惟による三昧と精勤を具足した神足を修習します。  
                       
                       
                       
    287-7.                
     Ime kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro iddhipādā paññattā iddhipahutāya iddhivisavitāya iddhivikubbanatāya.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Ime    代的 これら  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro iddhipādā paññattā iddhipahutāya iddhivisavitāya iddhivikubbanatāya. (287-1.)  
    訳文                
     友等よ、じつに、これらが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、神変の可能性のため、種々に流出せる神変のため、神変の変幻性のため、知らしめられた四神足なのです。  
                       
                       
                       
    287-8.                
     ‘‘‘Ye hi keci bho atītamaddhānaṃ samaṇā vā brāhmaṇā vā anekavihitaṃ iddhividhaṃ paccanubhosuṃ, sabbe te imesaṃyeva catunnaṃ iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Ye    代的 (関係代名詞)  
      hi    不変 じつに、なぜなら(tena hiで「しからば」)  
      keci    代的 何、誰  
      bho  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      atītam  ati-i 名過分 a 過ぎ去った、過去の  
      addhānaṃ    a 副対 時間、世  
      samaṇā  śram a 沙門  
          不変 あるいは  
      brāhmaṇā  bṛh a 婆羅門  
          不変 あるいは  
      aneka    代的 一つならぬ、多数の  
      vihitaṃ  vi-dhā 過分 a 置かれた、整備された →種々の  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      vidhaṃ    ā 種類、次第  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paccanubhosuṃ,  prati-anu-bhū 経験する、受ける、理解する  
      語根 品詞 語基 意味  
      sabbe    名形 代的 中→男 すべて  
      te    代的 それら、彼ら  
      imesaṃ    代的 男中 これら  
      yeva    不変 まさに、のみ、じつに  
      catunnaṃ     
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pādānaṃ    a 足 →神足  
      bhāvitattā   bhū 使 a 自ら修習した  
      bahulīkatattā.  kṛ a 多作する、多修する  
    訳文                
     友等よ、なぜなら、およそ誰であれ、過去の時の沙門あるいは婆羅門たちで、種々の神変の種類を経験した者たち、彼らはすべて、まさにこれらの四神足を、自ら修し、多修したがゆえに〔そうなったのですから〕。  
    メモ                
     ・諸訳はそう取ってはいないようだが、287-13.をみるにつけ、bhāvitattā bahulīkatattāは男性複数主格ではなく、理由の奪格であると思われる。「四神足の修習のゆえに種々の神変あり」ということである。一方、理由の副詞hiがあるが、これは、この文が、前文の理由になっているということであるから、「釈尊は四神足を説いた。なぜなら、四神足の修習のゆえに種々の神変あるから」というつながりであると解した。  
                       
                       
                       
    287-9.                
     Yepi hi keci bho anāgatamaddhānaṃ samaṇā vā brāhmaṇā vā anekavihitaṃ iddhividhaṃ paccanubhossanti, sabbe te imesaṃyeva catunnaṃ iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yepi hi keci bho anāgatamaddhānaṃ samaṇā vā brāhmaṇā vā anekavihitaṃ iddhividhaṃ paccanubhossanti, sabbe te imesaṃyeva catunnaṃ iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā. (287-8.)  
      anāgatam  an-ā-gam 過分 a 未来の  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paccanubhossanti,  prati-anu-bhū 経験する、受ける、理解する  
    訳文                
     また友等よ、なぜなら、およそ誰であれ、未来の時の沙門あるいは婆羅門たちで、種々の神変の種類を経験するであろう者たち、彼らはすべて、まさにこれらの四神足を、自ら修し、多修するがゆえに〔そうなるのですから〕。  
                       
                       
                       
    287-10.                
     Yepi hi keci bho etarahi samaṇā vā brāhmaṇā vā anekavihitaṃ iddhividhaṃ paccanubhonti, sabbe te imesaṃyeva catunnaṃ iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Yepi hi keci bho etarahi samaṇā vā brāhmaṇā vā anekavihitaṃ iddhividhaṃ paccanubhonti, sabbe te imesaṃyeva catunnaṃ iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā. (287-8.)  
      etarahi    不変 いま、現在  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paccanubhonti,  prati-anu-bhū 経験する、受ける、理解する  
    訳文                
     また友等よ、なぜなら、およそ誰であれ、今の沙門あるいは婆羅門たちで、種々の神変の種類を経験するものたち、彼らはすべて、まさにこれらの四神足を、自ら修し、多修するがゆえに〔そうなっているのですから〕。  
                       
                       
                       
    287-11.                
     Passanti no bhonto devā tāvatiṃsā mamapimaṃ evarūpaṃ iddhānubhāva’’nti?   
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      Passanti  paś 見る  
      語根 品詞 語基 意味  
      no    不変 〜かどうか  
      bhonto  bhū 名現分 ant 尊者らよ、君らよ、友らよ、ああ、おお  
      devā    a 天、神  
      tāvatiṃsā    a 三十三〔天〕の  
      mama    代的  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      imaṃ    代的 これ  
      evarūpaṃ    不変 かくのごとき  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      anubhāva’’n  anu-bhū a 威力  
      ti?    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     友なる三十三天の神々よ、あなた方は、私にも、この、かくのごときの神変の威力を見るでしょうか  
                       
                       
                       
    287-12.                
     ‘‘Evaṃ mahābrahme’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      mahā    ant 大きい  
      brahme’’  bṛh 名形 梵、梵天、尊貴の、神聖の  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     しかり、大梵天よ  
                       
                       
                       
    287-13.                
     ‘‘Ahampi kho bho imesaṃyeva catunnañca iddhipādānaṃ bhāvitattā bahulīkatattā evaṃ mahiddhiko evaṃmahānubhāvo’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘Aham    代的  
      pi    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      kho    不変 じつに、たしかに  
      bho  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      imesaṃ    代的 これら  
      yeva    不変 まさに、のみ、じつに  
      catunnañ     
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      iddhi    i 依(属) 神通、神変  
      pādānaṃ    a 足 →神足  
      bhāvitattā   bhū 使 a 自ら修習した  
      bahulīkatattā  kṛ a 多作する、多修する  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      mahā    ant 大きい、偉大な  
      iddhiko    a 神変  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      mahā    ant 有(持) 大きい、偉大な  
      anubhāvo’’  anu-bhū a 威力  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     じつに友等よ、わたしもまた、まさにこれらの四神足を、自ら修し、多修するがゆえに、かくのごとき大神変あり、かくのごとき大威力あるのです  
                       
                       
                       
    287-14.                
     Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsittha.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Imam    代的 男中 これ  
      atthaṃ,    a 男中  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      brahmā  bṛh 名形 梵、梵天、尊貴の、神聖の  
      sanaṅkumāro    a 神名、サナンクマーラ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      bhāsittha.  bhāṣ 話す、語る、いう  
    訳文                
     尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語りました。  
                       
                       
                       
    287-15.                
     Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsitvā deve tāvatiṃse āmantesi –  
      語根 品詞 語基 意味  
      Imam    代的 男中 これ  
      atthaṃ,    a 男中  
      bhante,  bhū 名現分 ant 尊者よ、大徳よ  
      brahmā  bṛh 名形 梵、梵天、尊貴の、神聖の  
      sanaṅkumāro    a 神名、サナンクマーラ  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      bhāsitvā  bhāṣ 話す、語る、いう  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      deve    a 天、神  
      tāvatiṃse    a 三十三〔天〕の  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      āmantesi –   呼びかける、話す、相談する  
    訳文                
     尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語ってから、三十三天の神々に呼びかけました。  
                       
                       
                       
     Tividho okāsādhigamo  
      語根 品詞 語基 意味  
      Ti    有(帯)  
      vidho    ā 女→男 種類  
      okāsa  ava-kāś a 依(属) 空間、場所、機会  
      adhigamo adhi-gam a 到達、特達、証得、知識  
    訳文                
     【三種の機会の証得】  
                       
                       
                       
    288-1.                
     288. ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāvañcidaṃ tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena tayo okāsādhigamā anubuddhā sukhassādhigamāya.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, (287-1.)  
      yāvañca   不変 それほど多く、いかに多く  
      idaṃ    代的 これ  
      tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena (287-1.)  
      tayo     
      okāsa  ava-kāś a 依(属) 空間、場所、機会  
      adhigamā  adhi-gam a 到達、特達、証得、知識  
      anubuddhā  anu-budh 過分 a 随覚された  
      sukhassa    名形 a 楽、安楽、幸福  
      adhigamāya.  adhi-gam a 到達、特達、証得、知識  
    訳文                
     友らよ、三十三天の神々は、このことをどう考えますか。かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、安楽の証得のため、三種の機会の証得がどれほど随覚されたか〔という〕このことを。  
                       
                       
                       
    288-2.                
     Katame tayo?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Katame    代的 いずれの  
      tayo?     
    訳文                
     いかなる三つか。  
                       
                       
                       
    288-3.                
     Idha bho ekacco saṃsaṭṭho viharati kāmehi saṃsaṭṭho akusalehi dhammehi.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bho  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      ekacco    代的 とある、一類の  
      saṃsaṭṭho  saṃ-sṛj 過分 a 交際した、相交わった、親近の、衆会の  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      kāmehi    a 男中  
      saṃsaṭṭho  saṃ-sṛj 過分 a 交際した、相交わった、親近の、衆会の  
      akusalehi    a 男中 不善の  
      dhammehi.  dhṛ a 男中  
    訳文                
     友等よ、ここに、とある者が、欲に親しみ、不善法に親しんでいる〔とします〕。  
                       
                       
                       
    288-4.                
     So aparena samayena ariyadhammaṃ suṇāti, yoniso manasi karoti, dhammānudhammaṃ paṭipajjati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So    代的 それ、彼  
      aparena    代的 後の、次の、多の  
      samayena    a 副具  
      ariya    名形 a 聖なる  
      dhammaṃ  dhṛ a 男中  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      suṇāti,  śru 聞く  
      語根 品詞 語基 意味  
      yoniso    不変 根源より、根本的に、如理に  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      manasi karoti,  man, kṛ 作意する  
      語根 品詞 語基 意味  
      dhamma  dhṛ a 男中  
      anudhammaṃ  anu-dhṛ a 随法、如法  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paṭipajjati.  prati-pad 向かって進む、行動する、遂行する  
    訳文                
     かれが、後に、聖なる教法を聞いて根本より作意し、法と随法を遂行します。  
    メモ                
     ・VRI版ではmanasi karotiとなっているが、manasikarotiとして訳した。以下同様。  
                       
                       
                       
    288-5.                
     So ariyadhammassavanaṃ āgamma yonisomanasikāraṃ dhammānudhammappaṭipattiṃ asaṃsaṭṭho viharati kāmehi asaṃsaṭṭho akusalehi dhammehi.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So    代的 それ、彼  
      ariya    名形 a 聖なる  
      dhamma dhṛ a 男中 依(属)  
      savanaṃ  śru a 耳、聴、聴聞  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      āgamma  ā-gam 行く  
      語根 品詞 語基 意味  
      yoniso    不変 根源より、根本的に、如理に  
      manasikāraṃ  man, kṛ a 作意、思念  
      dhamma  dhṛ a 男中  
      anudhamma  anu-dhṛ a 依(属) 随法、如法  
      paṭipattiṃ  prati-pad i 道、行道、実践  
      asaṃsaṭṭho  a-saṃ-sṛj 過分 a 会合ぜざる  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      kāmehi    a 男中  
      asaṃsaṭṭho  a-saṃ-sṛj 過分 a 会合ぜざる  
      akusalehi    a 男中 不善の  
      dhammehi.  dhṛ a 男中  
    訳文                
     かれは、聖なる教法の聴聞へ根本的な作意へ、法と随法の実践へ赴くと、欲に親しまず、不善法に親しまぬ者として住します。  
                       
                       
                       
    288-6.                
     Tassa asaṃsaṭṭhassa kāmehi asaṃsaṭṭhassa akusalehi dhammehi uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tassa    代的 それ、彼  
      asaṃsaṭṭhassa  a-saṃ-sṛj 過分 a 会合ぜざる  
      kāmehi    a 男中  
      asaṃsaṭṭhassa  a-saṃ-sṛj 過分 a 会合ぜざる  
      akusalehi    a 男中 不善の  
      dhammehi  dhṛ a 男中  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      uppajjati  upa-pad おこる、生ずる、発生する  
      語根 品詞 語基 意味  
      sukhaṃ,    名形 a 楽、安楽、幸福  
      sukhā    名形 a 楽、安楽、幸福  
      bhiyyo    不変 より多い  
      somanassaṃ.    a 喜悦  
    訳文                
     その欲に親しまず、不善法に親しまぬ者には、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
                       
                       
                       
    288-7.                
     Seyyathāpi, bho, pamudā pāmojjaṃ [pāmujjaṃ (pī. ka.)] jāyetha, evameva kho, bho, asaṃsaṭṭhassa kāmehi asaṃsaṭṭhassa akusalehi dhammehi uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Seyyathā    不変 その如き、たとえば  
      pi,    不変 〜もまた、けれども、たとえ  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      pamudā  pra-mud a 男中 よろこび  
      pāmojjaṃ  pra-mud a 欣悦  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      jāyetha,  jan 受 生まれる、再生する  
      語根 品詞 語基 意味  
      evam    不変 このように、かくの如き  
      eva    不変 まさに、のみ、じつに  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      asaṃsaṭṭhassa kāmehi asaṃsaṭṭhassa akusalehi dhammehi uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ. (288-6.)  
    訳文                
     友等よ、あたかも、よろこびから欣悦が生ずるように、じつに友等よ、まさにそのように、欲に親しまず、不善法に親しまぬ者には、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
    メモ                
     ・pamudāなる語は辞書類にないが、語形と文脈から上記のように推定した。  
                       
                       
                       
    288-8.                
     Ayaṃ kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena paṭhamo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Ayaṃ    代的 これ  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena paṭhamo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya. (288-1.)  
      paṭhamo    a 第一  
      adhigamo  adhi-gam a 到達、特達、証得、知識  
    訳文                
     友らよ、じつにこれが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、安楽の証得のため随覚された、第一の機会の証得なのです。  
                       
                       
                       
    288-9.                
     ‘‘‘Puna caparaṃ, bho, idhekaccassa oḷārikā kāyasaṅkhārā appaṭippassaddhā honti, oḷārikā vacīsaṅkhārā appaṭippassaddhā honti, oḷārikā cittasaṅkhārā appaṭippassaddhā honti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Puna    不変 さらに、ふたたび  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      aparaṃ,    代的 副対 後の、次の、多の  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      idha    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      ekaccassa    代的 とある、一類の  
      oḷārikā    a 粗なる  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      saṅkhārā  saṃ-kṛ a  
      appaṭipassaddhā  a-prati-pra-śrambh 過分 a 安息しない、止滅しない  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      honti,  bhū ある、なる  
      語根 品詞 語基 意味  
      oḷārikā vacīsaṅkhārā appaṭippassaddhā honti, (同上)  
      vacī  vac as 依(属)  
      oḷārikā cittasaṅkhārā appaṭippassaddhā honti. (同上)  
      citta  cit a 依(属)  
    訳文                
     友らよ、さらにまたここに、とある者の粗なる諸身行が止滅せず、粗なる諸語行が止滅せず、粗なる諸心行が止滅せずにいる〔とします〕。  
                       
                       
                       
    288-10.                
     So aparena samayena ariyadhammaṃ suṇāti, yoniso manasi karoti, dhammānudhammaṃ paṭipajjati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So aparena samayena ariyadhammaṃ suṇāti, yoniso manasi karoti, dhammānudhammaṃ paṭipajjati. (288-4.)  
    訳文                
     かれは、後に、聖なる教法を聞いて根本より作意し、法と随法を遂行します。  
                       
                       
                       
    288-11.                
     Tassa ariyadhammassavanaṃ āgamma yonisomanasikāraṃ dhammānudhammappaṭipattiṃ oḷārikā kāyasaṅkhārā paṭippassambhanti, oḷārikā vacīsaṅkhārā paṭippassambhanti, oḷārikā cittasaṅkhārā paṭippassambhanti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tassa    代的 それ、彼  
      ariyadhammassavanaṃ āgamma yonisomanasikāraṃ dhammānudhammappaṭipattiṃ (288-5.)  
      oḷārikā    a 粗なる  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      saṅkhārā  saṃ-kṛ a  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      paṭippassambhanti,  prati-pra-śrambh 安息する、止滅する  
      語根 品詞 語基 意味  
      oḷārikā vacīsaṅkhārā paṭippassambhanti, (同上)  
      vacī  vac as 依(属)  
      oḷārikā cittasaṅkhārā paṭippassambhanti. (同上)  
      citta  cit a 依(属)  
    訳文                
     聖なる教法の聴聞へ根本的な作意へ、法と随法の実践へ赴くと、彼の粗なる諸身行は止滅し、粗なる諸語行は止滅し、粗なる諸心行は止滅します。  
                       
                       
                       
    288-12.                
     Tassa oḷārikānaṃ kāyasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ vacīsaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ cittasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tassa    代的 それ、彼  
      oḷārikānaṃ    a 粗なる  
      kāya    a 依(属) 身体、集まり  
      saṅkhārānaṃ  saṃ-kṛ a  
      paṭippassaddhiyā  prati-pra-śrambh i 安息、止滅  
      oḷārikānaṃ vacīsaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā (同上)  
      vacī  vac as 依(属)  
      oḷārikānaṃ cittasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā (同上)  
      citta  cit a 依(属)  
      uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ. (288-6.)  
    訳文                
     彼の粗なる諸身行の止滅より、粗なる諸語行の止滅より、粗なる諸心行の止滅より、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
                       
                       
                       
    288-13.                
     Seyyathāpi, bho, pamudā pāmojjaṃ jāyetha, evameva kho bho oḷārikānaṃ kāyasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ vacīsaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ cittasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Seyyathāpi, bho, pamudā pāmojjaṃ jāyetha, evameva kho bho (288-7.)  
      oḷārikānaṃ kāyasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ vacīsaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā oḷārikānaṃ cittasaṅkhārānaṃ paṭippassaddhiyā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ. (288-12.)  
    訳文                
     友等よ、あたかも、よろこびから欣悦が生ずるように、じつに友等よ、まさにそのように、粗なる諸身行の止滅より、粗なる諸語行の止滅より、粗なる諸心行の止滅より、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
                       
                       
                       
    288-14.                
     Ayaṃ kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena dutiyo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya.  
      語根 品詞 語基 意味  
      Ayaṃ kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena dutiyo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya. (288-8.)  
      dutiyo    名形 a 第二  
    訳文                
     友らよ、じつにこれが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、安楽の証得のため随覚された、第二の機会の証得なのです。  
                       
                       
                       
    288-15.                
     ‘‘‘Puna caparaṃ, bho, idhekacco ‘idaṃ kusala’nti yathābhūtaṃ nappajānāti, ‘idaṃ akusala’nti yathābhūtaṃ nappajānāti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Puna    不変 さらに、ふたたび  
      ca    不変 と、また、そして、しかし  
      aparaṃ,    代的 副対 後の、次の、多の  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      idhi    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      ekacco    代的 とある、一類の  
      ‘idaṃ    代的 これ  
      kusala’n    a 善い  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      yathābhūtaṃ    不変 如実に  
      na    不変 ない  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti,  pra-jñā 了知する  
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘idaṃ    代的 これ  
      akusala’n    a 不善の  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      yathābhūtaṃ    不変 如実に  
      na    不変 ない  
      pajānāti.  同上  
    訳文                
     友らよ、さらにまたここに、とある者が、「これは善いものだ」と如実に了知せず、「これは善くないものだ」と如実に了知しない〔とします〕。  
    メモ                
     ・釈尊の回想、ジャナヴァサバの回想、サナンクマーラの台詞という三重の引用の中の登場人物の台詞なので、この「これは善い」などは四重引用である。一巡して「」でくくってみた。  
                       
                       
                       
    288-16.                
     ‘Idaṃ sāvajjaṃ idaṃ anavajjaṃ, idaṃ sevitabbaṃ idaṃ na sevitabbaṃ, idaṃ hīnaṃ idaṃ paṇītaṃ, idaṃ kaṇhasukkasappaṭibhāga’nti yathābhūtaṃ nappajānāti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘Idaṃ    代的 これ  
      sāvajjaṃ    a 有罪の、呵責すべき  
      idaṃ    代的 これ  
      anavajjaṃ,    a 無罪の  
      idaṃ    代的 これ  
      sevitabbaṃ  sev 未分 a 親近すべき  
      idaṃ    代的 これ  
      na    不変 ない  
      sevitabbaṃ,  sev 未分 a 親近すべき  
      idaṃ    代的 これ  
      hīnaṃ  過分 a 捨てられた、劣った  
      idaṃ    代的 これ  
      paṇītaṃ,  pra-nī 過分 a 適用された、すぐれた  
      idaṃ    代的 これ  
      kaṇha    a 黒い  
      sukka    a 依(対) 白い  
      sappaṭibhāga’n  sa-prati-bhaj? 代的 両方をそなえた、類似の、対偶の  
      ti    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
      yathābhūtaṃ    不変 如実に  
      na    不変 ない  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pajānāti.  pra-jñā 了知する  
    訳文                
     「これは罪あるものだ」、「これは罪なきものだ」、「これは親近すべきものだ」、「これは親近すべからざるものだ」、「これは劣ったものだ」、「これはすぐれたものだ」、「これは黒と白をそなえたものだ」と如実に了知しません。  
                       
                       
                       
    288-17.                
     So aparena samayena ariyadhammaṃ suṇāti, yoniso manasi karoti, dhammānudhammaṃ paṭipajjati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So aparena samayena ariyadhammaṃ suṇāti, yoniso manasi karoti, dhammānudhammaṃ paṭipajjati. (288-4.)  
    訳文                
     かれは、後に、聖なる教法を聞いて根本より作意し、法と随法を遂行します。  
                       
                       
                       
    288-18.                
     So ariyadhammassavanaṃ āgamma yonisomanasikāraṃ dhammānudhammappaṭipattiṃ, ‘idaṃ kusala’nti yathābhūtaṃ pajānāti, ‘idaṃ akusala’nti yathābhūtaṃ pajānāti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So    代的 それ、彼  
      ariyadhammassavanaṃ āgamma yonisomanasikāraṃ dhammānudhammappaṭipattiṃ (288-5.)  
      ‘idaṃ kusala’nti yathābhūtaṃ pajānāti, ‘idaṃ akusala’nti yathābhūtaṃ pajānāti. (288-15.)  
    訳文                
     彼は、聖なる教法の聴聞へ根本的な作意へ、法と随法の実践へ赴くと、「これは善いものだ」と如実に了知し、「これは善くないものだ」と如実に了知します。  
    メモ                
     ・naがなくなっている。次文も同様。  
                       
                       
                       
    288-19.                
     Idaṃ sāvajjaṃ idaṃ anavajjaṃ, idaṃ sevitabbaṃ idaṃ na sevitabbaṃ, idaṃ hīnaṃ idaṃ paṇītaṃ, idaṃ kaṇhasukkasappaṭibhāga’nti yathābhūtaṃ pajānāti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idaṃ sāvajjaṃ idaṃ anavajjaṃ, idaṃ sevitabbaṃ idaṃ na sevitabbaṃ, idaṃ hīnaṃ idaṃ paṇītaṃ, idaṃ kaṇhasukkasappaṭibhāga’nti yathābhūtaṃ pajānāti. (288-16.)  
    訳文                
     「これは罪あるものだ」、「これは罪なきものだ」、「これは親近すべきものだ」、「これは親近すべからざるものだ」、「これは劣ったものだ」、「これはすぐれたものだ」、「これは黒と白をそなえたものだ」と如実に了知します。  
                       
                       
                       
    288-20.                
     Tassa evaṃ jānato evaṃ passato avijjā pahīyati, vijjā uppajjati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tassa    代的 それ、彼  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      jānato  jñā 現分 ant 知者、知りつつあるもの  
      evaṃ    不変 このように、かくの如き  
      passato  paś 現分 ant 見者、見つつあるもの  
      avijjā  a-vid ā 無明  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      pahīyati,  pra-hā 受 捨てられる  
      語根 品詞 語基 意味  
      vijjā  vid ā 明、智、呪  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      uppajjati.  upa-pad おこる、生ずる  
    訳文                
     そのように知り、そのように見る彼には、無明が断ぜられ、明智が生じます。  
                       
                       
                       
    288-21.                
     Tassa avijjāvirāgā vijjuppādā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Tassa    代的 それ、彼  
      avijjā  a-vid ā 依(奪) 無明  
      virāgā    a 離貪、遠離  
      vijjā  vid ā 依(属) 明、智、呪  
      uppādā  upa-pad a 生起  
      uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ. (288-6.)  
    訳文                
     彼の無明からの遠離より、明智の生起より、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
                       
                       
                       
    288-22.                
     Seyyathāpi, bho, pamudā pāmojjaṃ jāyetha, evameva kho, bho, avijjāvirāgā vijjuppādā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Seyyathāpi, bho, pamudā pāmojjaṃ jāyetha, evameva kho bho, (288-7.)  
      avijjāvirāgā vijjuppādā uppajjati sukhaṃ, sukhā bhiyyo somanassaṃ. (288-21.)  
    訳文                
     友等よ、あたかも、よろこびから欣悦が生ずるように、じつに友等よ、まさにそのように、無明からの遠離より、明智の生起より、安楽と、安楽より多い喜悦が生じます。  
                       
                       
                       
    288-23.                
     Ayaṃ kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena tatiyo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ayaṃ kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena tatiyo okāsādhigamo anubuddho sukhassādhigamāya. (288-8.)  
      tatiyo    a 第三  
    訳文                
     友らよ、じつにこれが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、安楽の証得のため随覚された、第三の機会の証得なのです。  
                       
                       
                       
    288-24.                
     Ime kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena tayo okāsādhigamā anubuddhā sukhassādhigamāyā’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ime    代的 これら  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena tayo okāsādhigamā anubuddhā sukhassādhigamāyā’’ (288-1.)  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     友らよ、じつにこれらが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、安楽の証得のため随覚された、三つの機会の証得なのです  
                       
                       
                       
    288-25.                
     Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsittha, imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsitvā deve tāvatiṃse āmantesi –  
      語根 品詞 語基 意味  
      Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsittha, (287-14.)  
      imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsitvā deve tāvatiṃse āmantesi – (287-15.)  
    訳文                
     尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語りました。尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語ってから、三十三天の神々に呼びかけました。  
                       
                       
                       
     Catusatipaṭṭhānaṃ  
      語根 品詞 語基 意味  
      Catu     
      sati  smṛ i 依(属) 念、記憶、正念  
      paṭṭhānaṃ pra-sthā a 出発、発展 →四念処  
    訳文                
     【四念処】  
                       
                       
                       
    289-1.                
     289. ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāva supaññattā cime tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro satipaṭṭhānā paññattā kusalassādhigamāya.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāva supaññattā cime tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro (287-1.)  
      sati  smṛ i 依(属) 念、記憶、正念  
      paṭṭhānā  pra-sthā a 中(男) 出発、発展 →四念処  
      paññattā  pra-jñā 過分 a 知らしめられた  
      kusalassa    a 男中 善い  
      adhigamāya.  adhi-gam a 到達、特達、証得、知識  
    訳文                
     友らよ、三十三天の神々は、このことをどう考えますか。かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、善の証得のため知らしめられたこれら四念処が、どれほどよく知らしめられたかを。  
                       
                       
                       
    289-2.                
     Katame cattāro?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Katame    代的 いずれの  
      cattāro?     
    訳文                
     いかなる四つか。  
                       
                       
                       
    289-3.                
     Idha, bho, bhikkhu ajjhattaṃ kāye kāyānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā vineyya loke abhijjhādomanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Idha,    不変 ここに、この世で、いま、さて  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      bhikkhu  bhikṣ u 比丘  
      ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内の、個人的な  
      kāye    a 身体  
      kāya    a 依(対) 身体  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      viharati  vi-hṛ 住する  
      語根 品詞 語基 意味  
      ātāpī  ā-tap in 熱心の、熱意ある  
      sampajāno  saṃ-prajñā a 正知の、意識的の、正知者、故意の  
      satimā  smṛ ant 念ある、憶念ある  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      vineyya  vi-nī 調伏する、教導する  
      語根 品詞 語基 意味  
      loke    a 世、世間  
      abhijjhā    ā 貪欲  
      domanassaṃ.    a 憂悩  
    訳文                
     友等よ、ここに〔とある〕比丘が、自分の身に関して身を随観して住し、熱心なる正念正知の者として、世における貪欲と憂悩を調伏する〔とします〕。  
                       
                       
                       
    289-4.                
     Ajjhattaṃ kāye kāyānupassī viharanto tattha sammā samādhiyati, sammā vippasīdati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ajjhattaṃ    a 副対 自らの、内の、個人的な  
      kāye    a 身体  
      kāya    a 依(対) 身体  
      anupassī  anu-paś in 随観する  
      viharanto  vi-hṛ 現分 ant 住する  
      tattha    不変 そこで、そこに、そのとき、そのなかで  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      samādhiyati,  saṃ-ā-dhā 定める、置く、(心を)統一する  
      語根 品詞 語基 意味  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      vippasīdati.  vi-pra-sad 大いに喜ぶ、明朗である  
    訳文                
     自分の身に関して身を随観して住し、心を統一して正しく浄信します。  
                       
                       
                       
    289-5.                
     So tattha sammā samāhito sammā vippasanno bahiddhā parakāye ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So    代的 それ、彼  
      tattha    不変 そこで、そこに、そのとき、そのなかで  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      samāhito  saṃ-ā-dhā 過分 a 入定した  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      vippasanno  vi-pra-sad 過分 a 浄信した  
      bahiddhā    不変 外に、外部に  
      para    代的 依(属) 他の  
      kāye    a 身体  
      ñāṇa  jñā a 依(具) 智慧  
      dassanaṃ  dṛś a  
      述語 語根 品詞 活用 人称 意味  
      abhinibbatteti.  abhi-nir-vṛt 生起させる  
    訳文                
     そこで正しく入定し、正しく浄信した彼は、外の他人の身に関して、智慧による見解を生起させます。  
                       
                       
                       
    289-6.                
     Ajjhattaṃ vedanāsu vedanānupassī viharati…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ajjhattaṃ vedanāsu vedanānupassī viharati (289-3.)  
      vedanāsu  vid ā 受、感受  
      vedanā  vid ā 依(対) 受、感受  
      …pe…    (略)  
    訳文                
     自分の諸受に関して諸受を随観して住し……(略)  
                       
                       
                       
    289-7.                
     bahiddhā paravedanāsu ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      bahiddhā paravedanāsu ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti. (289-5.)  
      vedanāsu  vid ā 受、感受  
    訳文                
     ……外の他人の諸受に関して、智慧による見解を生起させます。  
                       
                       
                       
    289-8.                
     Ajjhattaṃ citte cittānupassī viharati…pe…   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ajjhattaṃ  citte cittānupassī viharati (289-3.)  
      citte  cit a  
      citta  cit a 依(対)  
      …pe…    (略)  
    訳文                
     自分の心に関して心を随観して住し……(略)  
                       
                       
                       
    289-9.                
     bahiddhā paracitte ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      bahiddhā paravedanāsu ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti. (289-5.)  
      citte  cit a  
    訳文                
     ……外の他人の心に関して、智慧による見解を生起させます。  
                       
                       
                       
    289-10.                
     Ajjhattaṃ dhammesu dhammānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā vineyya loke abhijjhādomanassaṃ.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ajjhattaṃ dhammesu dhammānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā vineyya loke abhijjhādomanassaṃ. (289-3.)  
      dhammesu  dhṛ a 男中  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
    訳文                
     自分の諸法に関して諸法を随観して住し、熱心なる正念正知の者として、世における貪欲と憂悩を調伏します。  
                       
                       
                       
    289-11.                
     Ajjhattaṃ dhammesu dhammānupassī viharanto tattha sammā samādhiyati, sammā vippasīdati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ajjhattaṃ dhammesu dhammānupassī viharanto tattha sammā samādhiyati, sammā vippasīdati. (289-4.)  
      dhammesu  dhṛ a 男中  
      dhamma  dhṛ a 男中 依(対)  
    訳文                
     自分の諸法に関して諸法を随観して住し、心を統一して正しく浄信します。  
                       
                       
                       
    289-12.                
     So tattha sammā samāhito sammā vippasanno bahiddhā paradhammesu ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      So tattha sammā samāhito sammā vippasanno bahiddhā paradhammesu ñāṇadassanaṃ abhinibbatteti. (289-5.)  
      dhammesu  dhṛ a 男中  
    訳文                
     そこで正しく入定し、正しく浄信した彼は、外の他人の諸法に関して、智慧による見解を生起させます。  
                       
                       
                       
    289-13.                
     Ime kho, bho, tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro satipaṭṭhānā paññattā kusalassādhigamāyā’’ti.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Ime    代的 これら  
      kho,    不変 じつに、たしかに  
      bho,  bhū 名現分 ant 尊者よ、君よ、友よ、ああ、おお  
      tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena cattāro satipaṭṭhānā paññattā kusalassādhigamāyā’’ (289-1.)  
      ti.    不変 と、といって、かく、このように、ゆえに  
    訳文                
     友らよ、じつにこれらが、かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、善の証得のため知らしめられた四念処なのです  
                       
                       
                       
    289-14.                
     Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsittha.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsittha. (287-14.)  
    訳文                
     尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語りました。  
                       
                       
                       
    289-15.                
     Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsitvā deve tāvatiṃse āmantesi –  
      語根 品詞 語基 意味  
      Imamatthaṃ, bhante, brahmā sanaṅkumāro bhāsitvā deve tāvatiṃse āmantesi – (287-15.)  
    訳文                
     尊者よ、梵天サナンクマーラは、このむねを語ってから、三十三天の神々に呼びかけました。  
                       
                       
                       
     Satta samādhiparikkhārā  
      語根 品詞 語基 意味  
      Satta     
      samādhi  saṃ-ā-dhā i 依(属) 定、三昧、精神集中  
      parikkhārā   a 資助、資具、必需品  
    訳文                
     【七つの三昧の資助】  
                       
                       
                       
    290-1.                
     290. ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāva supaññattā cime tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena satta samādhiparikkhārā sammāsamādhissa paribhāvanāya sammāsamādhissa pāripūriyā.   
      語根 品詞 語基 意味  
      ‘‘‘Taṃ kiṃ maññanti, bhonto devā tāvatiṃsā, yāva supaññattā cime tena bhagavatā jānatā passatā arahatā sammāsambuddhena (287-1.)  
      satta     
      samādhi  saṃ-ā-dhā i 依(属) 定、三昧、精神集中  
      parikkhārā    a 資助、資具、必需品  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      samādhissa  saṃ-ā-dhā i 定、三昧、精神集中 →正定  
      paribhāvanāya  pari-bhū ā 遍修  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      samādhissa  saṃ-ā-dhā i 定、三昧、精神集中 →正定  
      pāripūriyā.  pari-pūr ī 完全、円満  
    訳文                
     友らよ、三十三天の神々は、このことをどう考えますか。かの世尊、知者、見者、阿羅漢、正等覚者によって、正定の遍修のため、正定の円満のために、これら七つの三昧の資助が、どれほどよく知らしめられたかを。  
                       
                       
                       
    290-2.                
     Katame satta?   
      語根 品詞 語基 意味  
      Katame    代的 いずれの  
      satta?     
    訳文                
     いかなる七つか。  
                       
                       
                       
    290-3.                
     Sammādiṭṭhi sammāsaṅkappo sammāvācā sammākammanto sammāājīvo sammāvāyāmo sammāsati.   
      語根 品詞 語基 意味  
      Sammā    不変 正しい、正しく  
      diṭṭhi  dṛś i 見、見解、意見  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      saṅkappo  saṃ-kḷp a 思惟、思念  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      vācā  vac ā 言葉、語  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      kammanto  kṛ a 業、作業、業務、家業、職業  
      sammā    不変 正しい、正しく  
      ājīvo  ā-jīv a 活命、命、生活<